不動産売却時の費用について住宅ローン残債と仲介手数料を解説

2022-04-26

不動産売却のとき気になる費用である住宅ローンと仲介手数料をご紹介

不動産売却をおこなうとき、住宅ローンが残っている場合はどうしたら良いのでしょうか。
また、住宅ローンが残っていても売却が可能なのかも気になるかと思います。
そこで福岡市中央区の方に向けて、不動産売却のとき気になる費用である住宅ローンと、仲介手数料についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる費用~住宅ローン~

住宅ローンの期間は長く設定されていることが多く、不動産を売却したいと思ってもまだ残っている場合があります。
そこでここでは、ローン残債の確認方法と売却方法をご紹介します。

ローン残債の確認方法

住宅ローンが残っている状態で不動産売却をおこなうとき、大切なのはローン残債を調べることです。
ローン残債を調べるには、以下の方法があります。

  • インターネットバンキングによる照会
  • 銀行から送付される残高証明書
  • 契約した際の返済予定表
  • 銀行への問い合わせ

ローン残債を調べると、ローン残債が売却額を下回っているアンダーローンか、上回っているオーバーローンの状態か明確になります。

売却できる?

住宅ローンが残っていてもアンダーローンの状態であれば、売却代金で一括返済できるので売却は可能です。
ただし買い換えなどの場合、売却する前に新しい不動産を購入しローンを組むと二重ローンとなってしまいます。
二重ローンを防ぐために売却をおこなったあと購入するのが一般的であり、この方法は「売り先行」と呼ばれます。
さらに、コストを減らすためにも住みながらの売却やリースバックも検討しましょう。
また、オーバーローンの状態ではローン残債を返済しないと売却はできません。
そのため、まず貯金など自己資金で返済をおこなってから売却をおこないます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる費用~仲介手数料~

不動産売却のときかかる費用として、仲介手数料があります。
仲介手数料とは、仲介の依頼を受けた不動産会社が買主を探す場合にかかる手数料です。
支払いは、買主が見つかって売買契約を結んだとき以降に発生します。
不動産会社は、買主を見つけるために物件情報サイトへの掲載やチラシの配布、物件見学の立ち会いなどをおこないます。
仲介手数料はそれらの活動に対する成功報酬であり、買主が見つからない限り支払いは発生しません。
仲介手数料の上限は宅地建物取引業法で定められており、売買価格によって異なります。
たとえば売買価格が200万円以下の部分は、取引額の5%以内となっています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

住宅ローンが残っていてもアンダーローンの状態であれば売却は可能ですが、オーバーローンの場合では残債の返済が必要となります。
また不動産売却のとき、住宅ローンのほかにも気になる費用として仲介手数料もあります。
不動産売却をおこなうときは、これらの費用がかかることを念頭に置いておきましょう。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ