福岡市中央区・城南区での不動産売却と負動産にしないための方法

2021-11-09

福岡市中央区・城南区での不動産売却と負動産にしないための方法

高齢になった親の家を引き継ぐ場合、必ずしも利益が出る不動産ばかりではありません。
なかには、資産価値のない負動産となってしまい場合もあります。
そこで、この記事では福岡市中央区・城南区で不動産売却をする場合に、負動産にしないための方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における負動産とは?

負動産とは、所有しているだけでマイナスに作用してしまう不動産のことを意味します。
一般的には、親から相続された不動産であるものの、さまざまな事情で空き家となり、不動産売却が難しい物件が多く存在します。
たとえば、交通が不便な場所に位置していると、その物件の購入希望者を見つけづらいといった現状です。
しかし、負動産であっても所有している間は固定資産税を支払わなければならず、維持するための費用がかかることでさらにマイナス面が目立ちます。
負動産にすることを防ぎ、利益をもたらす「富動産」にするために下記のポイントを押さえておきましょう。

今のうちから親と話しておく

不動産をどのように処理するのかを、親が元気なうちに話し合っておくことが大切です。
家の情報や親の意向について、関係者で集まって意見をまとめておきましょう。

不動産の価値が下がる前に手放す

マイナス面が多い不動産は、不動産売却しにくくなるため、価値が下がる前に手放すことも一つの案です。
少しでも価値が大きいうちであれば、利益も上がります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

負動産にしないための解決方法とは?不動産売却を成功させよう

ここからは、負動産にしないための解決方法をご紹介します。

高齢者向け施設にする

まずは、高齢者向け施設に改装する方法です。
福岡市中央区と城南区のエリアでも、将来的には高齢者向け施設のニーズが高まることが期待できます。
そのため、居住用として不動産売却しにくい場合は、高齢者向け施設として売り出すことも検討してみましょう。

移住者向けの住宅にする

田舎にある不動産の場合は、移住者向けの住宅にすることがおすすめです。
近年、都会から地方への移住者が増加しているため、今後もニーズが高まると予測します。
また、移住する前に田舎暮らしを体験してみたいと思っている方に向けて、お試し用移住用の住宅にすることも一案です。

地域の施設にする

地域の公民館や図書館に改装すると、負動産にすることを防げます。
この場合、自治体が活用に関する判断を下すため、まずは自治体の窓口へ相談してみてください。
上記の解決方法を踏まえて、不動産売却のタイミングを逃さないことが成功のコツです。
また、どうしても活用方法がわからない場合は、不動産会社で買取もおこなっているため検討してみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

負動産とは、さまざまな事情で不動産売却が難しく、利益を得られにくい不動産のことです。
この記事で解説した解決方法を検討しながら、私どもへの買取もぜひご検討ください。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ