住みながら自宅は売却できるの?実際の方法や注意点を知ろう

2021-12-14

 不動産売却は物件に住みながらできるの?実際の方法や注意点を知ろう

皆さんは、住みながら自宅を売る方法があることをご存じですか?
今回の記事では「マイホームを売りたいけれど買い手が見つかってから退去したい」と考えている方に向けて、自宅に住みながら売却する方法と注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら自宅を売却する方法とは?

自宅に住みながら売却活動をする場合でも、売却の流れは一般的な売り方と基本的に同じです。
売却することを決めたら、不動産会社と仲介契約を結び、広告などを出して売却活動をおこない、購入者を募ります。
売却活動の一つに内覧の対応がありますが、住みながら自宅を売る場合は、内覧時にポイントがあります。
内覧時に見学者に良い印象を与えることが重要なため、ほどよい生活感や清潔感を保つとよいでしょう。
ドアや窓などの不具合やクロスの日焼け、設備の故障があれば修繕しておくことをおすすめします。
また、意外と忘れてしまうのが自宅に残るにおいです。
内覧に足を運んでくれた方が購入してくれるかもしれないという気持ちを持って、掃除や換気をおこないましょう。
また、不動産売買を仲介してくれる不動産会社に任せきりにするのではなく、見学者への対応を丁寧におこなうことで、印象がよりよくなるでしょう。

住みながら自宅を売却するメリットとデメリット

住みながら自宅を売却するメリットは、売却活動中に新居を探すことができる点です。
一方、デメリットは、内覧を実施するための日程を確保する必要があり時間が制限されることや、住み替える際に売る家と買う家の二重ローンを支払う可能性があることです。
住み替えのために住みながら売却をしたいと考える場合は、売却活動を依頼している不動産会社に新居を探すサポートもしてもらうと、売却と新居購入のスケジュールが立てやすくなるため、デメリットの一部が解消できます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

自宅に住みながら売却する際の注意点

不動産売却のなかでも、自宅に住みながらおこなう際の注意点とはどういったものがあるのでしょうか。
まず金銭面で考えておきたい点は、デメリットでも触れましたが、短期間とはいえ売りに出している家のローンと買う家の住宅ローンを二重で支払う可能性があることです。
2種類のローンを支払うことをダブルローンといいますが、買い先行の場合は金銭的な負担にならないかを考える必要があります。
しかし、買い先行だと、売り主の都合の良い時期に住み替えができたり、仮住まいの用意をする必要がないという魅力もあります。
ただし、このダブルローンにおける注意点は、ローン審査の基準が厳しくなる点です。
ローンが組めるのかどうかは年収や年齢、過去の支払い滞納歴などによって判断されます。
特に年収に対する年間のローン返済額の割合を「返済負担率」といい、ダブルローンを利用するには返済負担率が30~35%以下である必要があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

自宅に住みながら売却をするケースと、そのメリットやデメリット、注意点について解説しました。
現在の家を離れて新居を探す予定の方は、この記事でご紹介した売却方法をぜひ検討してみてください。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ