不動産がなかなか売れない原因と改善案とは?気になるポイントをチェック!

2022-01-11

不動産がなかなか売れない原因と改善案とは?気になるポイントをチェック!

不動産の売却を進めている方のなかには、不動産がなかなか売れずお悩みの方もいるのではないでしょうか。
長い期間売れずにいると、税金や維持費など費用がかさんでしまうため、できるだけ早く売却したいですよね。
ここでは福岡市で売却をお考えの方に向けて、不動産がなかなか売れない原因とその改善案のポイントについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れない原因とは?

不動産売却をするときは物件内容にもよりますが、平均2か月から4か月ほど時間がかかります。
しかしすべての不動産がこの期間内で売却できるわけではなく、なかなか売れないこともあるでしょう。

不動産が売れない原因

  • 売却価格が相場より高い
  • 物件の立地に問題がある
  • 売却の方法に問題がある
  • 売却時期が良くない

不動産を売却するときにもっとも重要なのは売却価格です。
近隣の相場に比べて高い場合は、売れにくくなってしまう大きな原因といえるでしょう。
また交通アクセス、周辺環境などの立地が悪い場合や「再建築不可物件」など物件自体に問題がある場合も売却に時間がかかってしまいます。
価格や立地に問題がない場合でも「売却の広告に魅力がない」「広い範囲への募集がされていない」「売却が難しい時期」など売却活動に問題があると考えられるケースもあるでしょう。
不動産がなかなか売れない場合は、仲介会社に任せきりにするのではなく売れない原因を突き止めて改善案を考える必要があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れないときの改善案とポイントとは?

不動産がなかなか売れないときは、以下のような改善案が有効です。

  • 近隣の相場を参考に売却価格を見直す
  • 物件の確定測量やインスペクションをおこない安心して購入できるようにする
  • 広告の内容や募集範囲などを確認し仲介会社に任せきりにしない
  • 清掃や管理を実施し内覧時の印象を良くする

改善案のポイントは「仲介会社に任せきりにせず状況を把握すること」です。
不動産の売却をスムーズに進めるためにも、売主自身が近隣の相場や物件の状態把握し仲介会社と連携して見直してみましょう。

それでも売却が難しい場合

改善案を実施してもなかなか売れない場合や、仲介会社の協力が得られない場合は思い切って仲介会社を変えることも検討しましょう。
またできるだけ早く売却し現金化したい場合は、不動産会社が直接買い取る「買取」という方法もあります。
不動産がなかなか売れないときに選択肢の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産がなかなか売れないのには原因があります。
その原因を見つけて改善案を実施することで、状況が進展することもあるでしょう。
スムーズな売却のためにも仲介会社に任せきりにせず、協力して売却を進めていくことが重要です。
不動産の売却にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ