不動産売却における3つの流れを解説!媒介契約・売却活動・書類の準備

2022-02-08

不動産売却における3つの流れを解説!媒介契約・売却活動・書類の準備

納得のできる不動産売却をおこなうためには、計画的に進めることが大切です。
無計画のまま慌てておこなうと「思ったより安かった…」「思ったより時間や費用がかかってしまった…」となりかねません。
納得のできる価格・条件で売却するには、事前の知識と早めの行動が重要となってきます。
今回は、不動産売却の流れを「媒介契約」「売却活動」「書類の準備」の3つに注目して解説します。

\お気軽にご相談ください!/

~不動産売却の流れ~「媒介契約を結ぶ」

まず、不動産売却までの流れをみていきましょう。

  • 不動産会社へ査定依頼(※福岡市中央区・城南区の不動産査定は、弊社へご依頼ください)
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売却活動
  • 売買契約を結ぶ
  • 決済・引き渡し

ここでは「媒介契約」に注目してご説明します。
媒介契約とは、不動産売却を依頼する際に不動産会社と結ぶ契約のことで、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類あり、買主が自分に合うものを選択します。

一般媒介

複数社との契約が可能ですが、売却活動の報告義務がないので状況の把握が難しく、複数社とのやり取りに手間がかかります。
人気のエリアや需要の高い築浅物件に向いているといえます。

専任媒介

一社とのみ契約し、売却活動の報告を受けることができるので販売状況を把握しやすく、自分でみつけた買主と直接取引も可能です。

専属専任媒介

一社とのみ契約し、売却活動の報告は専任媒介より高い頻度で受けられますが、自分で買主をみつけても不動産会社をとおしての取引となります。
専任系媒介契約はどちらも、売れにくい物件も比較的早期に売却できる傾向にあります。
自分で買主をみつける当てがあるかどうかで選ぶと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

~不動産売却の流れ~「売却活動」

売却活動は、媒介契約の内容にそって売主の希望を聞きながら不動産会社がおこないます。
STEP1 査定額を基に売り出し価格を決定
STEP2 売却活動スタート
不動産会社の顧客へ物件の案内をするとともに、店舗・インターネット広告・折り込みチラシなどを使って物件情報を発信します。
STEP3 購入希望者への内覧に対応
購入希望者が実際に物件をみに来ます。
掃除・片付けは徹底しておこない、収納も含めてすべてみてもらうつもりで準備しましょう。
STEP4 購入申し込みを受けて売買契約

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

~不動産売却の流れ~「書類の準備」

準備すべき必要書類をみていきましょう。
【査定のとき】
売買契約書、重要事項説明書、登記簿謄本、図面・仕様書、測量図・境界確認書など
【売買契約のとき】
印紙代、実印、印鑑証明書、本人確認書類、登記済権利書もしくは登記識別情報、固定資産税納税通知書、固定資産税評価証明書など
【決済・引き渡しのとき】
所有権移転登記・抵当権抹消・建築確認に関係した書類、設備などの説明書・保証書、実印、印鑑証明書、物件の鍵、仲介手数料、代金などの領収書など
必要なものが随分と多いようですが、事前に不動産会社から説明があるのでご安心ください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

このような流れを事前に理解して、計画的な不動産売却をおすすめします。
福岡市エリアで「とにかく早く売却したい方」には、弊社が直接買主となる「買取」も可能ですので、お気軽にご相談ください。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ