不動産売却でするインスペクションとは?メリットや費用もご紹介

2022-04-12

不動産売却でするインスペクションとは?メリットや費用もご紹介

不動産売却をするときに、高く売れる方法を探すことが多いかと思います
安心して高く売却したい方には、インスペクションをすることをおすすめします。
今回は、インスペクションのメリット・デメリットやかかる費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でするインスペクションとは?

インスペクションとは、既存住宅の建物状況調査のことを指し、建物などの専門家がおこないます。
2020年の民法改正により、建物の安全性を証明するためにインスペクションの必要性が高まりました。
需要は増えましたが、義務ではないのでその点も注意してください。

インスペクションをするタイミング

売主がインスペクションをする場合は、媒介契約を締結した後が良いでしょう。
不具合があれば、価格や修繕箇所を修正し売却活動へと移っていきます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でインスペクションをするメリット・デメリットとは?

不動産売却でインスペクションをすると、以下のようなメリットがあります。

安心して売却できる

建物の専門家によって現在の建物の状況を把握するので、安心して売却できます。
建物の状況が契約書と違うと、契約不適合責任を負う可能性がありトラブルになりかねません。
インスペクションをすると、建物に関して契約不適合責任を負う心配が減ります。

高く売ることができる

インスペクションに合格すると、瑕疵担保保険に加入できます。
瑕疵担保保険は、不動産が安全であることを示せるので、不動産の付加価値を高めることができ高く売却することが可能になるでしょう。
瑕疵担保保険がある不動産は、不具合を修正していることも示せるため、買い手からしても安心です。

インスペクションのデメリット

インスペクションのデメリットは、費用と調査期間が発生することです。
そのため、余計な費用を掛けたくない方やすぐに売りたい方には不向きです。
また、インスペクションが不合格であった場合は修繕費が発生する可能性もあることを念頭に入れておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時のインスペクションの費用とは?

インスペクションにかかる費用は、5万円前後が一般的です。
マンションであれば、面積にかかわらず5万円前後となっています。
戸建てであれば、延べ面積によって変化するため4.5万円~6.5万円ほどとしている会社もあるようです。
また、インスペクションでは、オプションで「給排水管検査」もできます。
給排水管検査の費用は、プラスで5,000円程度です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却したい方には、インスペクションはおすすめの方法です。
もし検討したい方がいれば、不動産会社にご相談ください。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-31-4133

営業時間
09:00~19:00
定休日
年中無休(GW・お盆・年末年始を除く)

売却査定

お問い合わせ