不動産売却で売買契約締結時の必要書類や取得方法は?

2022-06-28

不動産売却で売買契約締結時の必要書類や取得方法は?

不動産売却時は、売買契約を結ぶ際にさまざまな書類の用意が必要です。
不動産売却の前や契約締結時、決済時などタイミングに応じた必要書類や取得方法を知っておき、早めに準備しましょう。
今回は、中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却を検討されている方に向けて、不動産売却の際に、タイミングに応じた必要書類や取得方法にについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前の必要書類の種類や取得方法は?

不動産売却前の必要書類や、取得方法についてご紹介します。

物件を購入した際のパンフレット

物件を購入した際にもらったパンフレットが手元にある場合は、用意しておきましょう。
パンフレットには、物件の築年数などの概要や設備、間取りなどが詳しく記載されています。
紛失してしまった場合は、管理会社などで再発行してもらえる可能性もあります。

住宅ローンの償還表

住宅ローンの残債がある場合は、住宅ローンの残債額の確認のために、毎年金融機関から送られてくる住宅ローンの償還表が必要です。
不動産会社から提示を求められることもあるため、手元にない場合は金融機関に問い合わせてみましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で売買契約締結時の必要書類や取得方法は?

不動産売却で売買契約締結時の必要書類や、取得方法についてご紹介します。

権利書(登記済み権利書または登記識別情報)

権利書は、売買契約締結時は見せるだけですが、決済時に必要な書類です。
2005年以降に購入した場合は、「登記識別情報」という書類が権利書となります。
2005年より以前に購入している場合は、「登記済権利証」という書類です。

固定資産税納税通知書

不動産売却の際に、固定資産税を清算する必要があります。
固定資産税納税通知書は、毎年5月ごろに郵送されていますので、用意しておきましょう。

建築確認済証

建築確認を受けていることの証明書です。
購入時に渡されているものですが、手元にない場合は役所の建築課などで、代わりの書類を発行してもらいましょう。
そのほかに、印鑑証明書や本人確認書類なども必要になります。
事前に確認し、準備しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の決済時の必要書類や取得方法は?

不動産売却の決済時の必要書類や、取得方法についてご紹介します。

固定資産評価証明書

所有権の移転登記に必要な書類です。
土地・建物、それぞれの分が必要になります。
各県税事務所などで取得可能です。

登記関連の書類

印鑑証明書・実印・不動産の登記識別情報など、登記に必要な書類を用意しましょう。
司法書士に登記を委任するための委任状なども必要です。
そのほかにも、権利書や印鑑証明書、本人確認書類なども必要になります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却時は、タイミングに応じてさまざまな書類が必要です。
スムーズに不動産売却をするために、事前によく確認し、書類の不備がないように早めに準備しておきましょう。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

092-725-1278

営業時間
09:00~18:00
定休日
土・日・祝

売却査定

お問い合わせ