不動産売却で重要な不動産査定書とは?内容をチェックするポイントとは?

2022-07-19

不動産売却で重要な不動産査定書とは?内容をチェックするポイントとは?

不動産売却を検討するとき、やはり気になるのは「どのくらいの金額で売れそうなのか?」というところです。
今回は不動産売却をご検討中の方に向けて、不動産査定書とはなにか、不動産査定書の見方とチェックすべきポイントをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における不動産査定書とは?2種類ある?

不動産査定書とは、不動産の査定結果が書かれている重要な書類で、売り出し価格を決めるときの参考資料となります。
不動産査定書には2種類あり、まず一つ目が不動産売却で用いられる、不動産仲介会社が作成するものです。
基本的に作成には費用がかからず、その代わり法的な効力もありません。
あくまでも売却目的で、財産分与などのそのほかの用途には使用できない書類です。
もう一つは、不動産鑑定事務所が有料で作成する不動産査定書です。
不動産鑑定評価書の簡易版で、企業買収などで不動産価値を確認する際に用いられます。
このように同じ名称の書類ではありますが、2つは性質が大きく異なるので注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で重要な不動産査定書の見方を解説!

次に、不動産査定書の見方をご説明していきます。
不動産査定書の様式は会社によって異なり、記載項目もそれぞれです。
一般的にどこの不動産仲介会社でも記載されているのは、対象不動産の概要と査定結果、そしてその根拠です。
査定の根拠には評価が高いポイントや、反対に査定にマイナスになるポイントも記載されています。
また、査定価格とは別に売出し推奨価格が記載されていることもあり、どのくらいの金額で売れそうなのか、上限と下限が提示されることが多いです。
そのほか、売却にかかる諸費用と実際に手元にどのくらい残るのか、手取り額が記載されていることもあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で重要な不動産査定書のチェックポイント

不動産査定書は、売り出し価格の参考にするだけではなく、どの仲介会社と媒介契約を結ぶのかを検討する材料にもなります。
不動産査定書を受け取ってまずチェックすべきポイントは、書類の見やすさ、そして根拠の明確さです。
査定額の根拠がしっかりしていれば、売却価格が適正でないことによって売却活動が長引いてしまうこともありません。
売却におけるリスクや値下げ交渉の材料になる要因についても明記されていると、売却活動の方針を立てやすいでしょう。
また、成約時期が記載されているのかも一つの目安となります。
不動産査定書では、一般的に3か月以内で売れそうな金額が記載されていますが、もし成約時期が明記されていない場合は、確認してみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産査定書とは、不動産がどのくらいで売れそうなのか、査定額や成約時期、査定の根拠が書かれている書類のことです。
不動産売却で査定を依頼するときは、不動産査定書の見方とチェックポイントを押さえておきましょう。
私たち「ハウスドゥ!六本松店」は中央区・城南区を中心に、福岡市エリアで不動産売却のサポートや不動産買取をしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

092-725-1278

営業時間
09:00~18:00
定休日
土・日・祝

売却査定

お問い合わせ